奈良のデザイン事務所|しろくまデザイン

縫製品(服やバッグなど)のデザイン・指示ってどうやるの?

fashion指示書

私たちの身の回りには、たくさんの縫製品(服やバッグなどの服飾小物)があります。
最近は輸入ビジネスの情報も手に入りやすくなり、個人でもオリジナル商品を販売されている方もいらっしゃいます。

しかし、既存商品にただロゴを入れるだけ。という訳ではなく、商品企画から始まりオリジナルの商品を開発するときに
どのようにデザインされ量産されてゆくのか、その工程を知る機会はあまりありませんよね。

そこで、以前釣り市場向けに女性用の紫外線カットパーカーをデザイン(商品開発)した時の流れを例に、
具体的にどういう方法で、デザインを製造工場に伝えて、自分の考えているものを商品化してゆくのかを紹介してみようと思います。

パーカー

商品企画会議

ここは、釣り市場向け商品を作っている某メーカー。
時代は、山ガール・釣りガールなる言葉が出現し、女性のアウトドア活動がメディアで取り上げられはじめた頃。

新商品の企画をスタートする時に、まず自社の商品ラインナップを見直しました。

私:「釣りのスタイルに合う商品はある程度カバーできていますが、女性向けの商品は全くありませんね。
しかし商品の特性上、主に男性がメインターゲットで$@*#’%%~+*=ブツブツ……」

社長:「女性向けの商品を作れ!」

はい、命令が発令されました。

ヤバイ。これは困りました。何を作れば釣り用品店で女性に買っていただけるのでしょうか。
そもそも釣りに行く女性は少ない。そこで、社内や友人知人の女性に聞いてみました。
「釣りには行きますか?」「釣りに行ったときに困る事ってありますか?」

「行きません」なぜですか?「トイレがないから」
「行きません」なぜですか?「日焼けするから」

なるほど!トイレは絶対必要ですが、ちょっと我々には作れません。
日焼けを何とかする物があればそこにニーズはあるはず!
生地屋さんに問い合わせたところ、97%紫外線カットのストレッチ薄手生地があるとの事。これだ!

デザインを考える

さぁ、紫外線カットの服を作ることになりましたが、どんなデザインがいいのでしょう。

釣り用品店・女性・・・

あぁ、思い出してきた。子供の頃行った釣り。。
夏休み、家族や親せきも一緒で、釣り具屋さんで買った餌の虫が怖かった。。

ファミリーだな。日焼けが気になる女性でも釣りに行く場面があるのは。
そして、家族や親せきと釣りに行くときに買うのだったら、デザインはシンプルなのが買いやすい。
イメージはユニクロ・無印だ!

デザインを描き、試作品を作る

商品が現実の物となるためには、デザインを描いてそれを基に試作品を作ってみる必要があります。
縫製工場の方が見て分かるように指示書を作ります。

指示書の書き方はデザイナーや会社によって若干の違いはありますが、
基本的には
デザイン/図面・寸法・使用する生地・ファスナー・パーツの種類等を記載します。

ポイントは、客観的に見て「誰が見ても分かるように」です。

パターンまで作られるデザイナーの方もいらっしゃいますが、
私はパターンについては専門ではないので縫製工場にいるパタンナーさんにお任せしました。

[全体のデザイン指示書]

1枚目の指示書はこのような感じで、デザインの全体像を記載します。
ここでは、各部分のサイズやデザインの特徴となる部分の概要をまとめています。

この製品は、裾・袖口・フードがアジャスターで絞れて、レインウエアのディティールを備えてるところがポイントです。
雨を防ぐのではなく日差しを防ぐウエアというイメージです。
さぁ、ここからシルクスクリーンプリントやサイズラベル・下げ札等の指示、サンプルの品質検証などの詳細を詰めてゆきましょう。

▼続きを読むには「購入して続きを読む」をクリックしてください。自由課金でお読みいただけます。
お読みいただいて、参考になったなと思ったら投げ銭(購入)お願いいたします。


デザイン依頼をご検討中の方へ

しろくまデザインでは、各種デザインのご依頼を承っております。
ご連絡、お問い合わせはこちらから。

他の記事も読んでみませんか