奈良のデザイン事務所、しろくまデザインです。

オリジナル商品・製造工場(OEM先)を探してみよう!

工場

私は以前、自社工場を持っているメーカーと、
自社工場を持っていないメーカー、両方で商品開発・デザインしていたことがあるのですが、
今日は、自社工場を持っていない会社が、
オリジナル商品を製造してくれる工場を探す方法を書いてみたいと思います!

商品=自社工場製?

誰もが知っているようなブランド(社名)の商品であっても、
■ 企画・デザインは自社内で行い、製造は外部の工場に委託。
■ ある工場が作っている製品に自社のブランド名を入れただけ。
というのは、実はよくある話です。

メーカーでありながら工場を持っていないメーカーを「ファブレスメーカー」と言ったりもします。
実はスポーツブランドのNike(ナイキ)も自社工場を持たないファブレスメーカーです。

と、いう事は、
商品アイデア・デザインのイメージはあるけど、工場から作るなんて無理!
とあきらめなくても、それを作れる工場に依頼できれば、
誰にでもオリジナルブランドの商品を作ることができます。

同じ商品を買い付け販売しているライバルとの価格競争から
少しフィールドを変える事ができるかもしれません!

もちろん、製造数(ロット)の事などクリアしないといけない事はありますが、
まずは、実際に商品を作れる工場とコンタクトがとれる。
という事が重要です。

どうやって工場を探すの?

工場はどこにある?

ではどうすればそういった製造委託(OEM※)を請け負ってくれる工場と出会えるのでしょうか。

‟OEM(オーイーエム、英: original equipment manufacturer)は、他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業である。 日本語では「相手先(委託者)ブランド名製造」、「納入先(委託者)商標による受託製造」などと訳される。”
引用:Wikipedia

より安い製造コストを求めてアジア諸国での生産が主流になったことや、後継者問題によって
残念ながらここ数十年で日本国内の工場は激減してしまいましたが、
■ インターネットで「製品名+製造委託」や「製品名+OEM」などで検索する。
■ 商工会議所の会員情報で製造業者を探す。
などの方法があります。
知っていそうな人がいれば、紹介して頂くのが一番だと思います。

海外に目を向ければ、多種多様な製造工場が存在します。
日本相手に商売をしていれば日本語が通じる場合もあります。
Alibaba.comという、主に中国の製造工場や既存製品の仕入れ先を探せるサイトもあります。
(品質や信頼できるかどうかは、試しに買ってみたり・サンプルを取り寄せるなどして、しっかりと見極める必要がありそうです。)

そんな時、心強いのが「展示会」です!

展示会

下記のリンクは、日本貿易振興機構のホームページで、
例えば、このページでは大阪で開催される見本市・展示会の日程が分かります。

早速、気になる展示会を見つけました。
「国際アパレル機器 & 繊維産業見本市!!」
日本を始め、アジア・世界中からアパレルに関する企業が集まります。
展示ブースを出している企業の中には、製造工場も必ずあります。
海外の会社であっても、通訳さん又は日本語が話せるスタッフがいます。
ここで名刺交換したり、製造できる商品やロットについての話ができます。

出展している会社や工場も、新規のお客さんを求めて来ているので話が早いです。

他にも
「化粧品開発展」
「ベビー&キッズEXPO」
「国際 ファッション雑貨EXPO」
といった、様々なジャンルの展示会が開催されています。

ほとんどの展示会の入場料は、事前登録で無料~数千円。
一度行けば次回から招待状が届くので、無料で入れるようになる事が多いです。

世界の展示会

世界の最先端を知るには、業界で有名な展示会がお勧めです。
■ 電子機器・エレクトロニクス関連:
CES(アメリカ)
Computex(台湾)
■ アウトドア・スポーツ関連:
Outdoor Retailer show(アメリカ)

どちらも開催地は日本国外ですが、世界的に有名なブランドはもちろん、最先端の技術・デザインが世界中から集まります。

自社ブランドが出来た際には、こういった展示会に出展側として参加する事も可能です。夢がありますね!

まとめ

これからオリジナル商品を始めたいという方にとって「製造工場」は大きな問題です。

自社商品を作りたいけど、製造工場との繋がりがない!

そんな時はぜひ、展示会もチェックしてみてください。
きっと大きな収穫があると思います!


デザイン依頼をご検討中の方へ

しろくまデザインでは、各種デザインのご依頼を承っております。
お問い合わせはこちらです。