奈良のデザイン事務所、しろくまデザインです。

デザインのテーマとコンセプトの違いについて。

design

photo by:@edhoradic/unsplash.com

みなさんも普段の生活のどこかで、「テーマ」と「コンセプト」という言葉を聞いたことがあると思います。

・テーマパーク
・テーマソング
・コンセプトカー
・ブランドコンセプト

なにやら物事の重要な部分だという事は分かるのですが、
はっきりと違いを説明しようと思うと言葉に詰まってしまいませんか?

デザインの仕事でもこの2つの言葉はよく出てきますが、混同されがちです。
今日は、この2つの言葉の違いについて説明してみようと思います。

テーマとは

テーマパーク

photo by:@parktroopers/unsplash.com

まず、テーマとは何でしょうか。
答えは、「お題・主題」です。物事を考えるうえで出発点になる部分とも言えますね。

テーマパークを例に考えてみましょう。

・ディズニーランドは
ディズニー映画の世界」がテーマの遊園地です。

・ユニバーサルスタジオは
ユニバーサル・ピクチャーズ映画の世界」がテーマの遊園地です。

身近なモノを例に考えてみましょう。

・携帯電話という製品のテーマは
携帯できる電話」です。

・靴というの製品のテーマは
足を守り快適に歩けるもの」です。

コンセプトとは

映画の世界

photo by:@sixstreetunder/unsplash.com

では、コンセプトとは何でしょう。
コンセプトとは
「テーマへの回答・提案・解決方法」です。

先程のテーマパークを例に考えてみましょう。

・ディズニー映画の世界【テーマ】を実現するために
スターウォーズを体験できる」をコンセプトにつくられたアトラクション(乗り物)が “スターツアーズ” です。

・ユニバーサル・ピクチャーズ映画の世界【テーマ】を実現するために
ジュラシックパークを体験できる」をコンセプトにつくられたアトラクションが “ジュラシック・パーク・ザ・ライド” です。

テーマを実現させるために
どのアトラクションにも「コンセプト」があります。

先程の身近なモノを例に考えてみましょう。

・携帯電話という製品のテーマは「携帯できる電話」です。
⇒ iphoneは「ポケットに入るサイズの、マルチタッチディスプレイを備えた電話のできるタブレットデバイス」がコンセプトです。

・靴というの製品のテーマは「足を守り快適に歩けるもの」です。
⇒ ランニングシューズは「ランニングに最適な靴」がコンセプトです。

テーマは1つ・コンセプトは無限

テーマとコンセプトの図
つまり、何かの課題があって、それをお題にしたものがテーマです。
基本的にテーマは1つです。そのテーマを解決する方法として、複数のコンセプトが生まれます。

近年、電気自動車の開発が進んでいますが、「電気で車を動かしたい」というニーズ・課題があるからです。
それがテーマになります。

そして、「電気で動く車」というテーマの元、世界中の自動車メーカーが、
「小型」「パワー」「スポーツカー」「高級感」「自動運転」などのコンセプトを発表しています。
それが「コンセプトカー」です。

テーマは一つですが、コンセプトは考える人の数だけ存在すると言っても良いでしょう。

コンセプトカー

photo by:prathyush1984/pixabay.com

ファッションにおけるブランドコンセプト

fashion

photo by:@krisatomic/unsplash.com

ファッションにおけるブランドコンセプトを説明するには、少し発想を変えて考える必要がありそうです。

ファッション業界では、「ブランドコンセプト」こそがブランドの軸となっていて
毎年ブランドコンセプトに沿ったコレクションテーマが発表されるというのが一般的です。

では、そもそも辞書では「テーマ」と「コンセプト」についてどう説明されているのでしょうか。

ウィキペディアによると、
テーマ:主題
コンセプト:概念
とあります。

ブランドコンセプト
それはつまりブランドの概念。

シャネルのブランドコンセプトは「女による女のためのモード」だそうです。
モードはフランス語で流行やファッションを表します。
2018年春夏コレクションテーマは、「永遠の都・ナポリ」です。

聞いただけで世界観を感じますよね。
永遠の都ナポリを舞台に、そこに登場する女性たちの服 を表現しているんですね。

そこに登場する女性たちの服 = 女による女のためのモード というコンセプトは永遠に変わりません。
シャネルというブランドが続く限り、ただテーマ(舞台)が時代と共に変わってゆきます。

[パリのグランパレで行われるショーは圧巻のスケールです↓毎年のテーマが違う事が良く分かります。]

ブランドコンセプトは1つ、テーマは無限

ファッションブランドコンセプト
ファッションにおいては、コンセプトは1つです。
舞台としてのテーマは無限です。

例えば、「フォーティナイナーズ」という架空のブランドがあるとして、
「開拓者精神を持つ人の服」がブランドコンセプト。
今年のコレクションテーマは「カルフォルニアのゴールドラッシュ」
来年のテーマは「未知の惑星へ」でもいい訳です。

(ちなみに、フォーティナイナーズとは1849年にカリフォルニア・ゴールドラッシュに集まった人々の事です。)

まとめ

私はプロダクトデザインが専攻だったのですが、
学生の頃「紙製の玉子パッケージ」というテーマの課題があり
[1mの高さから落としても玉子が割れないこと] という制約がありました。
私は「接着剤を使わない組み立て式」というコンセプトの玉子パッケージを
デザイン・提案しました。
結果、玉子を守ることはできたのですが
構造が複雑になりすぎたことが反省点でした。

何かを考える根本となるところにテーマはあります。
そのテーマを解決する・実現する為のアイデアがコンセプトです。

ファッションにおけるブランドコンセプトとテーマもその通りだとおもいます。
ブランドの軸となる概念(コンセプト)があり、テーマに沿ったデザインが生まれます。

なかなかじっくり考えないと違いを見出すのが難しいですが、
デザインにおいて、テーマとコンセプトには切っても切れない関係性がありますね。

【 テーマを変えたUSJ 】

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)はマーケターの森岡毅氏により
ユニバーサル映画のテーマパーク」から
世界最高のエンターテイメントを集めたテーマパーク
へとテーマが変わりました。
テーマをエンターテイメントに変えたことで、
映画を含めたあらゆるエンターテイメントを楽しめるテーマパークになり
子供やファミリー層・アニメファンなども巻き込んで劇的に集客を増やしました。
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方


デザイン依頼をご検討中の方へ

しろくまデザインでは、各種デザインのご依頼を承っております。
お問い合わせはこちらです。