奈良のデザイン事務所、しろくまデザインです。

ロゴデザイン依頼から制作完了までの実例をご紹介します

ロゴマーク、それは会社やお店にとって象徴・しるしとも言える大事なもの。
何年も使うものですから、納得のゆくロゴを作りたいですよね。

さて、そんなロゴマークは一体どうやって・どういう流れで作られているのでしょうか。

以前、宮崎県の農家「ベジポート」さんのロゴマークをデザインさせていただきました。
その時のデザイン依頼をいただいてから制作完了までのの流れを
ロゴデザインのできるまで」として紹介してみようと思います。
ベジポートロゴ

ロゴ制作の依頼をいただく

ベジポートのオーナー、有川さんからロゴデザインのご依頼を頂いた際に
どんな感じのデザインが良いか、まずイメージをまず伺ってみました。

すると、「特にこれといったイメージが無いので一旦お任せ」との事でした。
うーん。困りました。。どこから手を付けよう。お任せとは言え好みはあるはず。。

クライアントの事や好みを考える

制作の前にベジポートさんを訪問し、農場も見て、色々と話を聞かせていただいたのですが、

・野菜の港(vegetable+port)が屋号の由来。
・農園で育てているのはトマト。
・いくつかのハウスがあるけれど大規模ではない。
・これから他の野菜も育ててゆきたい。
・ご趣味はサーフィン。

思い返してみると有川さんは、よくカタカナの文字が描いてあるTシャツを着ていました。
うまくトマトとカタカナを合わせれないだろうか…

まず着手するにあたり、どんなデザインテイストがお好きかを知るために
既に世に出ているカタカナのロゴや農家さんのロゴをいくつか集めて見ていただき
どのデザインテイストが好きかを伺ってみる事にしました。

色々なロゴデザイン参考

↑これらのロゴマークを見ていただいたところ
左下の「ベジマス」さんのロゴと、右下の「みのり農園」さんのロゴが好みとの事でした。

デザインを提案する

好みのデザインテイストが分かってきたので
これらのデザインテイストを参考にして、デザインを3つ作成し提案しました。

初回デザイン提案
【左】ベジポートという名前の通り、「色々な野菜が集まっている港」のイメージ。
トマトと他の野菜や植物と共にイカリの絵を入れて港のイメージを出しました。

【真ん中】みのり農園さんのロゴを参考にさせていただき
農園の港に大きな船が入って来るイメージをデザインしました。

【右】ベジマスさんのロゴを参考に
ベジポートのメインの作物トマトをロゴにし、港の象徴としてイカリマークを付けました。

見ていただいたところ、「右の感じが好み・イカリがいいね!」というコメントを頂きました。
でも、「女性やお年寄りにも気に入っていただけるような、もう少し柔らかくてゆるい感じにしたい」とご要望がありました。

そうですね。ベジマスさんともそっくりですし、ゆるい感じを出すにはもう少し工夫が必要です。

デザインを修正し再提案

そのご要望を踏まえて修正し、改めて3つのデザインをご提案しました。
デザイン修正案
手描きのような優しい雰囲気になるように、丸を正円ではなく、柔らかい円に。
塗りもベタ塗りではなく、スタンプや水彩のようなカスレのある雰囲気に。
文字のフォントも手描き感のある物を選び、一番右の提案は既存フォントを使わずにデザインしました。

デザイン決定!

そして、この中から一番右を気に入っていただき、こちらのデザインで決定となりました!

ベジポートという名前の通り、人や実りが集まる港のような存在になる事を願っています。

まとめ

今日紹介したのはロゴデザインのご依頼から完成までの一例ですが

ロゴマークはその人・その会社らしさを表しているとも言えるので
事業の事や想いをしっかりデザイナーと共有して、それを表現する事が大事だと思います。

これから「事業を始める」「今まで作らなかったロゴマークを作りたい」という方には
ぜひ納得のゆく、愛着のわくロゴマークを作っていただきたいなと思います。


デザイン依頼をご検討中の方へ

しろくまデザインでは、各種デザインのご依頼を承っております。
お問い合わせはこちらです。