奈良のデザイン事務所|しろくまデザイン

地域・生活関連サービスの集客方法?

先日、屋根にかかりそうな大きな枝をノコギリで切った際に、
地面に落ちた枝が思わぬ方向に転がり、窓ガラスを割ってしまいました。

季節は既に冬に差し掛かろうとしていたので、
「しまった!今夜、窓ガラス無しで寝るのは寒い!」
と動揺した私は、すぐにスマートフォンでガラス屋さんを検索しました。

「ガラス修理+地名」でGoogle検索すると、広告が一番上に出てきました。

ページのタイトルは、
・ガラス修理 〇〇〇〇円~ 最短〇〇分

なんと分かりやすいタイトルなのでしょう。
これは広告のプロが作ったであろうタイトル。

しかし一瞬、広告にはイヤな予感がしたため、いったんスルーして地元のガラス屋さんを探しました。

近所の会社・サービスが見つからない

ところが…
近所のガラス屋さんの情報がインターネット検索でなかなか出てきません。

時は既にお昼過ぎ、、
焦っていた私は、ついに広告のホームページを開き電話をしました。
慣れた様子のオペレーターに、住所と割れた窓のタイプを伝えると

「最寄りの作業員から、すぐに折り返しお電話します。」

と告げられ、待つこと数分。作業員の方から電話があり、
2時間後に来れること。その場で交換できること。を聞き安心しきっていました。

作業員のお兄さんが到着し、現場を確認し告げられたガラス交換費用はなんと○万円!
(想定していた金額の2倍以上の値段でした)
イヤな予感はこれだったか…と思いつつも、
もう時間も無く、他にあても無く、泣く泣く「カード使えますか?」とお願いしました。

広告費や中間マージンの負担

ガラスを交換してくれているときに「金額の内訳ってどうなっているの?」と聞くと、
・実はホームページもインターネットに広告を出しているのも広告会社で、自分は提携のガラス屋である事。
・ガラス代+工賃+出張費に加え、広告会社へマージン(手数料)を払う必要がある事。
・もし今度割れたら、自分に直で電話をしてくれたら半額くらいでできる事。
を教えてくれました。

しかしながら、広告費や中間マージンはお客さんにとっては無駄な費用です。

あぁ、近所のガラス屋さんがいればなぁ。。
と思いながらその日は無事に眠りについたのでした。

地域サービスの情報発信はチャンス

この事を友人に話したところ、
彼は自宅のトイレが詰まったときに、インターネットで一番上に出ていた広告の会社に電話して来てもらったら、簡単な作業だったのに○万円もかかった!
と教えてくれ、話が盛り上がりました。

後になって冷静に探すと、iタウンページや、地元の商工会などの情報サイトで地域の事業者さんを見つけることができたのですが、
そのような情報サイトは目的のページまでの階層が深く、情報にたどり着くのに手間とコツが必要です。
そして、広告会社さんはそのあたりに気づいているようです。

イザというとき、急いでいるときこそ、
お客さんは分かりやすい情報を求めていると思います。
基本を押さえたホームページ作りは必須ですが、事業者さん独自のホームページを持つことは集客力UPにつながるはずです。

急な困りごとがあった時、皆さんはどうやって地域のサービスを探していますか?



デザイン依頼をご検討中のみなさまへ

しろくまデザインでは、各種デザインのご依頼を承っております。
ご連絡、お問い合わせはこちらから。

他の記事も読んでみませんか