デザインがイケてない?それは宝の原石かもしれません。 | 身近なデザイン事務所 しろくまデザイン

デザイン事務所|しろくまデザイン

デザインがイケてない?それは宝の原石かもしれません。

デザインの原石

今日は、私たちのこれまでの固定観念や思い込みに気づく事で、

・今までに無かった価値が生まれたり
・誰も振り向かなかった物が選ばれるようになったり
・おしゃれなものとして見られるようになる

という事を語ってみたいと思います。

見た目や売り方が変われば、世間も変わる

少し前までは、100円均一の商品と言えば、うすーい色のピンクやブルーのプラスチック製。
事務用品や作業服といえば、灰色か紺か緑。というのがあたり前でした。

近年では、セリアがとても100円には見えない見た目やクオリティの商品を出していたり、ワークマンが普段着やアウトドアでも着れるオシャレでトレンド感のある作業服を出していたり。
これまでの固定観念に気づいて商品開発に取り組んだこれらの会社。
2023年現在、セリアは100均業界2位、ワークマンは作業着店 店舗数1位。
つまり、市場で新たな価値を提供し、たくさんの顧客を獲得しました。

私は以前、救命胴衣の製造メーカーで働いていたことがあるのですが、当時はまったくオシャレさはなく、友人からも「デザインとかあるの?」と言われる業界でした。
その時に、機能性はそのままに見た目のデザインをスポーツ用品に寄せた、カジュアルな救命胴衣を開発したところ、スポーツ・アウトドア量販店といった新たな販路でもお取り扱いいただくことができました。

ネガティブなイメージは改善のチャンス

全く同じ料理であれば、お皿や盛り付けやパッケージがきれいな方がおいしく感じます。
これは事業においても言えると思います。
見た目やデザインなんて関係ない(と思われている)ものほど実はチャンスがあったりします。

好みや目的にもよるので、どんな見た目が良いデザインかという事に一つだけの正解はありません。
しかし、
ネガティブな印象があるものごと。
まーこれでいいかぁ…
なんでこれ使ってるんだろう? というものごと。

もしそういう物事を発見したら、それは今まで誰も手を付けなかっただけの宝の原石かもしれません。



デザイン依頼をお考えの方へ

しろくまデザインでは、ロゴ・ホームページ・印刷物等のデザインを承っております。
ご相談・お問い合わせはこちらから。

他の記事も読んでみませんか